ライン

パーマを利用するならその仕組みも理解しておこう

ライン

髪の毛はケラチンというたんぱく質で作られています。本来このケラチンはキューティクルによって保護されているのですが、キューティクルが開くとむき出しの状態になります。ケラチンが傷んでしまうと髪の毛がパサついてしまったり、クセ毛になったりとトラブルが起こるようになります。ケラチンの主成分であるアミノ酸、シスチンの結合は簡単に切り離したりくっつけたりできる特性があることからパーマに利用されています。パーマ液には1液、2液とありますが、この二つの液体を使いシスチン結合を作り変えます。パーマは1液でシスチン結合を切断し2液で再び結合させます。もしも2液で結合させる時に髪の毛巻かれている状態ならウェーブがかかった状態が維持されるということになります。逆にまっすぐな状態で再び結合させることができればストレートになるという仕組みなわけです。一度パーマをかけてしまうと同じように結合を作り変えない限りは元に戻ることもありません。後は新しい髪の毛が生えてくるのを待ち髪の毛を切ることでまた元の髪の毛に戻すことができます。パーマはかかりにくい髪質の人もいますので、もしも自分の髪が以前パーマがうまくかからなかったというときには美容師などにそのことを伝えておくと、髪質に合った薬剤を使い対処してくれます。以前はうまくかからなかったという人も薬剤を変えることでパーマがうまくいくということもありますので、一度の失敗で自分の髪質を決めてしまわないようにしてください。

Copyright (C) 美容室に行く頻度. All Rights Reserved.