キャンセル料を明記する

キャンセル料を明記する

どんなに損失を被ったとしても美容室側としてはお客さんを締め出してしまうような事をするのは本望ではないでしょう。お客さんのほうがキャンセルに対する態度を改めてさえくれればそれで問題ないのです。ですからそういうお客さんがいる限り美容室側はやりたくもない措置をお客さんに対してとらなくてはならないのです。ですからもう一つの考え方として、そういったドタキャンや無断のキャンセルを事前に防ぐ、と言う策と講じる事も必要でしょう。明らかにそういう措置を取っているのは「キャンセル料金」を設定している美容室です。一見とても厳しいように思えますが、それはきちんと常識的な行動をとっていれば決して払うはずのない料金なんですよね。ホテルなどで良く設定されていますが、同じように段階を踏んで、最終的には無断でキャンセルした場合が一番罰キャンセル料が高くなるように設定されています。つまり無断で来店しないような事をしない限りそのような料金は払う必要はないのです。常識的なお客さんにとってはなんのおびえる必要もない料金、と言えるでしょう。そういった態度を明確に示す事により、美容室はお客さんとの無用なトラブルを防ぐことが出来ると思います。ですがその一方で「あの美容室は厳しい」といった声が上がってしまうのも覚悟の上、と言う事になるかもしれませんね。

 

事前に来店を促す

 

美容室のメニューを見た時にそこに「キャンセル料金」というのが設定されていたら、たとえ自分は悪質なキャンセルなどしない、と思っていてもなんとなく良い印象ではないかもしれません。「そんな人もいるんだな、大変だな」と思う以前にどうしても「この美容室、結構厳しいんだな」と言うイメージの方が先に立ってしまうかもしれません。できることなら美容室の方もこんな料金設定はしたくないに決まっているでしょう。そうであるならば別の策として、事前にお客さんに予約の確認を行う、と言うのも良いかもしれません。予約の日時が近づいているお客さんに対して確認の電話やメールをする、と言う感じです。メールならば自動で送信できるように設定できますね。キャンセルや変更の受付をするようなページにワンクリックで飛ぶような設定にしておけばお客さんも便利かもしれません。また予約日の前日にでも「来店をお待ちしています」と言うメールを送信するように設定するのも良いかもしれません。ですがこれらはいずれにしても美容室側に一手間かかる訳で、とくに電話となると時間も取られますし結構大変です。逆にメールなどを利用するのは便利ではありますが、その便利さが仇になることも考えられます。お客さんにとっても便利が良い訳ですからそこで簡単に取り消しや変更をされてしまう可能性があり、キャンセルのハードルを下げてしまう事になるかもしれません。

 

おすすめ店舗

 

カラーがおすすめの渋谷美容院

美容院 ヘアサロン 渋谷 カラー トリートメント おすすめ クーポン

菊川で注目の美容室

菊川の美容室

立川で有名な美容室

立川の美容室